現在のページ:TOPページ > 教育関連 > 秀英館 ・ ぐらんどすらむわーくす
2018.06.20 【新店舗情報更新】この地で生まれ育った生粋のジモティ先生 渡辺歯科さんの情報をアップいたしました。
2018.06.20 【新店舗情報更新】いっしょにワクワクできるものづくり 塚本建設事務所さんの情報をアップいたしました。
2017.06.25 <マギログ動画>フェイシャル・痩身の「ミーナトーボ」をアップいたしました。
秀英館 ・ ぐらんどすらむわーくす
 秀英館 ・ ぐらんどすらむわーくす
第二の我が家としていつもウェルカムな『塾』

スリーピーススーツに身を包み、髭をたくわえた眼鏡男子。

 

「今どき、あまりいませんね。でも授業中、上着を脱いでもきちんと見える恰好を考えると、 ベストは不可欠でして。髭は40になって少しは年相応に見えてきましたが、以前は髭がないと幼く見られがちで…どちらも仕事用です」と穏やかな口ぶりの学 習塾『秀英館』の代表・蒲田晃樹さん。

 

秀英館 ぐらんどすらむわーくす 蒲田 晃樹さん
教師になりたいという夢を長年抱いていたものの「実際、生徒と過ごす期間は短いと悟ったんです。しかも卒業生が会いに行っても異動で母校に居ない…とい うのはよくある話。それなら人間として形成されていく小学生から向き合えて、いつも同じ場所で卒業生を迎えてやれる環境をつくりたい…」というのが塾経営 のきっかけ。

 

ご自身、地元の小・中・高校をご出身ゆえ、この地域ではメインの受験は高校だと判断。塾では普通に学校生活を楽しみながら、行きたい高校に行ける実力を養うといいます。

 

秀英館・ぐらんどすらむわーくす
対象は小学2年生から中学生。「冗談のようですが消しゴムの使い方から教えます。消し残しで間違いになることも多いので…」と、にこやかながら「小学生の 座席は週1度のテストの点数順です」ときっぱり。

 

「毎週バトルですよ。ずっと末席でいい、なんて考える子供はいません。ひとつでも上の席に座りたいと思うようになるものです」と解説しつつ、この席替え、実は自分がイヤイヤ通っていた超スパルタ塾で行われていたものだと明かす蒲田さん。

 

塾自体は最悪でしたが、いいと思うことは取り入れたのだとか。連帯感を育てるための「宿題を誰かが忘れたら、全員の宿題が増える制度」も、その塾を参考に設定。「最初はペナルティも気にせず忘れてくる子がいますが、そのうち連帯責任の重みに気づきはじめ、変わってくるんです。そういう変化を経て、クラス一丸で受験に立ち向かうのが理想」。

 

なるほど、ストーリーのある展開を聞けば、この塾のモットー「勉強体力鍛えます」の言葉も、ますます説得力が高まります。

 

秀英館・ぐらんどすらむわーくす 教室内
と、取材中、教室の掃除が始まりました。熱心に掃除をしていたのは今春、大学生になる卒業生のふたり。他にも個別指導で教える塾『ぐらんどすらむわーくす』では、この塾を卒業した現役大学生たちがメインで教えているといいます。

 

蒲田さんが常々おっしゃる「二番目の居場所として好きな時に帰ってきたらいい」という教えがしっかりと浸透していることが、イキイキと働く彼らを見てもわかります。

 

秀英館・ぐらんどすらむわーくす 勉強体力
もちろん、卒業して先生として戻って来るのが正解、というわけではありません。高校生になったり社会に出てから、悩んだ時に親以外で相談にのってくれる場所がこの塾であることを、忘れないでいてほしいというのが蒲田さんの想いです。

 

「少し恰好つけた言い方ですが、人生の答え合わせができるのはココだから。いつでも戻って来い」と、毎年、卒業生を送りだすそうです。なんと熱血ぶりは3歳の愛娘にも容赦ないようで…。

 

補助輪なし自転車の練習の際「できないから叱ってるんじゃない、できないときめつけてるから叱ってるんだ」と諭しているのを目撃した生徒に「先生はいっつも熱いなぁ」と笑われたそうです。

 

「でも娘、乗れるようになりましたよ」と後日談も誇らしげに披露するあたり、やり続けたらできる!という信念を貫き通す 蒲田さんらしいエピソードだとつくづく思いました。

そして、そんな熱い先生がいつでも迎えてくれる場所があるこどもたちが、羨ましくもなりました。

 

■『ぐらんどすらむわーくす』
住所はこちらです⇒西宮市学文殿町1丁目8-30-101

 

ライター:中島美加


店の名前:秀英館
住  所:西宮市学文殿町1丁目1-28
電話番号:0798-46 -6710
甲子園けやき散歩道の最新「イベント情報」
欲張りマギーのマギログ ー最新記事ー
甲子園けやき散歩道 西宮商工会議所西宮市みやたん