現在のページ:TOPページ > 生活・サービス > シンエイ
2017.06.25 <マギログ動画>フェイシャル・痩身の「ミーナトーボ」をアップいたしました。
2017.06.18 【新店舗情報更新】小学生(ゴールデンエイジ)からさまざまなスポーツに対応する体づくりのサポート R2さんの情報をアップいたしました。
2017.05.31 <マギログ動画>「カレーキッチン か里音さんの石焼きカレー」をアップしました。
シンエイ
株式会社 シンエイ
暮らすことをしっかり見据えた『建築会社』

事務所を訪ね、まず目にとまったのがフロアに並んだ大きな足型。社員はここで出勤してきたら「おはようございます」仕事帰りは「ただいま」帰宅時には「お先です、さようなら」と大きな声で挨拶するのがきまりだそう。

 

シンエイ 足型
他にも学校のような規則がたくさんありまして。出勤して最初の業務が、掃除。事務所勤務の人は社内から近所の溝まで美しく掃き清め、現場で作業している人はその現場を45分かけて掃除するのが、きまり。

 

シンエイ 会長 増田満保 さん
すべて会長の増田満保さんのひと声からですが、「挨拶も掃除も、やってみると本当に気持ちがいい」と、社員は皆、賛同し、一生懸命取り組んでいるのがわかります。

 

創業は昭和36年。先代から社長を引き継いだ頃には公共事業から不動産、マンション受注まで幅広くこなしていたそうですが、平成20年あたりから住宅供給が飽和状態となり、最近はリフォーム、リノベーションが多くなってきたと話す増田さん。

 

少し前までは核家族での生活が主流でしたが、ここ数年、阪神間では二世帯での暮らしも増えてきているそうで…。建て替えかリフォームで悩む場合、基本的には工期も早く、予算も70%に押さえられるなどリフォームのほうがメリットが多いといいます。

 

「僕自身、基本的に使い捨てが嫌いだし、昭和の建物は今では手に入らないようなヒノキなどのいい土台や柱を使っていたりするので、それらは活かしたいと思うわけです。そこで柱を抜いたり入れたり繰り返し…手間はかかるけれど、いい仕事をしようと張り切ります。

 

またリフォームするからにはまったく新しい生活スタイルを提案しようと張り切ります。昔の建物は一番快適な南に客間を設け、暗くて寒い北側に台所やリビングがあることが多いので、それらをがらり、家族の快適を一番に考える提案をします」。

 

そう聞くと、かのテレビ番組を彷彿。あっと驚くサプライズも仕掛けたりするんですか?と素人な質問をしてみると「確かにビフォアーとアフターに大きな変化があれば、お客様は喜びます。

 

とはいえ、僕らがいいと思ってもお客さんが望まないものは却下です。番組のように、できあがりまでお客様に見せず、驚かせるというようなことは、考えられませんね。建築家の自己満足では、駄目ですもん。あくまでも建築はお客様ありき」ときっぱり。

 

シンエイ 社内
サプライズではなく、むしろひんぱんに打ち合わせをして、お客様の頭の中に描かれた新しい形が、そのまま現実になることを一番に心掛けているのだといいます。そのため打ち合わせでは図面を5提案ぐらい無料で用意。納得がいくまで、どんどん書き直してくれるというから頼もしいものです。

 

シンエイ リファイン大賞
パナソニックが優れたリフォーム事例に贈る「リファイン大賞」を二年連続で獲得するなど、しっかりその実力は評価されています。また、会長の熱い想いは、確実に若手の建築家にも引き継がれています。現在、社長をつとめる西村孝さんも、そのひとり。お客さんの立場に立って親身に相談にのる姿勢が多くのお客様の好感を得ています。

 

年末には、集まった人に古式ゆかしき餅つき体験やふるまい餅をくださる「餅つき大会」を開催。毎年4月には甲子園〜舞子の往復100kmの完歩を目指す「甲子園歩け大会」を『シンエイ』主催、けやき散歩道後援で開催。地域の人とのおつきあいを大切にする『シンエイ』らしいイベントに、気軽に参加してみましょう。

 

ライター:中島美加


店の名前:株式会社 シンエイ
住  所:西宮市小曽根町4丁目5−16
電話番号:0798-47-1661
営業時間:8:00〜18:00
定休曜日:日曜・祝日休
甲子園けやき散歩道の最新「イベント情報」
欲張りマギーのマギログ ー最新記事ー
甲子園けやき散歩道 西宮商工会議所西宮市みやたん