現在のページ:TOPページ > 飲食店 > やお亭
2018.06.20 【新店舗情報更新】この地で生まれ育った生粋のジモティ先生 渡辺歯科さんの情報をアップいたしました。
2018.06.20 【新店舗情報更新】いっしょにワクワクできるものづくり 塚本建設事務所さんの情報をアップいたしました。
2017.06.25 <マギログ動画>フェイシャル・痩身の「ミーナトーボ」をアップいたしました。
やお亭
café  やお亭
ホテル仕込みのサービスと美味しさが楽しめる『カフェ』

『やお亭』と聞いて、やおや=ベジタブルカフェを想像していたところ、大間違い。オーナーが八尾さんだと判明。しかも日本ではカフェの意味合いがすごく曖昧なので「じゃまくさいから、なんの店と聞かれたら喫茶店と言ってます」とおっしゃいますが、喫茶店だなんて、とんでもない。フランスで言うところのカフェ、イタリアで言うところのバール。

 

つまりは昼も夜もワインを飲んだり、珈琲を飲みながら集える大人の社交場なのです。

 

やお停 オーナー 八尾孝之さん

 

実は八尾孝之さん、ソムリエの資格をもつ長年経験を積んだ元ホテルマン。昔、ワインの勉強で訪れたパリで心奪われたカフェを再現すべく、ホテルマンの実力を惜しげなく盛り込み、大人心をくすぐる店となっています。

 

やお停 ワイン

 

「開店の11時にワインを頼んでも、夜の10時に酔い覚ましの珈琲1杯を頼んでもいい。それが本場のカフェなんですけど、ね。ワインを昼から飲む習慣が、日本にはないですよね」と残念そうな八尾さん。

 

そこでワインが好きな人を「あ、ちょっと飲みたい」という気分にさせるもてなしが、多々用意されています。まず、昼も夜もオーダー可能な、ワインがすすむ一品料理が16品ほどスタンバイ。

 

やお停 料理

 

その内容は取材日はマリネから赤ワイン煮込み、グラタン、コンフィ…でしたが、旬や季節感に応じ、2ヶ月ごとに更新されます。

 

そして料理にあわせてシャンパン、赤、白、それぞれ5〜7種類用意されるワインは、ホテル時代から付き合いのあるインポーター経由であまり小売りをされていないものを選ぶそうで、ラインナップが気になるところ。しかもグラスで500円代〜とお手軽価格なので、ついつい2杯は飲み比べたくなります。

 

やお停 サンドイッチ

 

またワインによくあうサンドイッチが常に8種類ほど用意されているのですが、プティパンかトースト、いずれか選べるパンも、中のパテなどもすべて自家製。ということは…そう、16品ほど用意された手の込んだ料理もすべて自家製なのです。

 

やお停 パン

 

「ソムリエって、ワインのアテは作れるんです。料理とワインの相性を勉強する際、経済的にも時間的にもすべて外食でそれを体験するわけにはいかないので、必然的に自分で作るようになるんです。で、ホテル時代、同僚のシェフなどにいろいろ教わったレパートリーがたくさんあるんですよ」と、サラリと言ってのける八尾さん。

 

やお停 ケーキ
加えて時間がある時には「珈琲にあうスィーツも置かなきゃと思ってね」と焼き菓子を焼いたり「年配の方に喜ばれます」と小豆を炊くところから自家製の善哉を冬期限定で出してみたり…一人でシェフからソムリエ、パティシエまでこなしてしまう八尾さんのもてなし力は、かなりのものです。

 

やお停 コーヒー

 

もてなしと言えば、珈琲や紅茶がポットで提供されるのも、特筆すべきサービス。

 

しかもカフェオーレ、ティーオーレも。それでいて珈琲、紅茶が370円(税別)、オーレは450円(税別)とチェーン展開のカフェよりリーズナブルです。

 

やお停 ランチメニュー

 

また二日おきに変わるランチ780円(税別)も魅力的。例えば取材日のメニューは「自家製オイルサーディンとブロッコリーのパスタにサラダ、コーヒー」。オリジナリティのある料理に2杯は飲める珈琲が付いて1000円でおつりがくるとは!

 

やお停 メニュー

 

しかも朝11時から夕方4時までは、グラスワインが20%オフとなれば、ランチタイムから飲みたくなるでしょ?

 

さあ、ホテルに行かずして、ホテルな味とサービスを満喫できるカフェ、うまく使いこなしてくださいね。

 

ライター:中島美加


店の名前:café やお亭
住  所:西宮市里中町1丁目1-18
電話番号:0798-55-7422
営業時間:11:00〜22:30(LO)
定休曜日:火曜休
甲子園けやき散歩道の最新「イベント情報」
欲張りマギーのマギログ ー最新記事ー
甲子園けやき散歩道 西宮商工会議所西宮市みやたん