現在のページ:TOPページ > 飲食店 > ひので
2017.06.25 <マギログ動画>フェイシャル・痩身の「ミーナトーボ」をアップいたしました。
2017.06.18 【新店舗情報更新】小学生(ゴールデンエイジ)からさまざまなスポーツに対応する体づくりのサポート R2さんの情報をアップいたしました。
2017.05.31 <マギログ動画>「カレーキッチン か里音さんの石焼きカレー」をアップしました。
ひので
すし季節料理 ひので
きまじめな職人気質のお店


すし季節料理_ひので大将

 

 

17年2月にオープン。大将の田丸敏彦さんは、この界隈で幼少期を過ごしたジモティ。上甲子園中学校を卒業後、地元を離れ、国内あちこちで修業を積むこと23年間。このたび念願叶って、故郷で独立したといいます。きれい好きで、整理整頓された厨房で夜の仕込みにかかる姿は、声をかけるのを躊躇するほど真剣な様子。カメラを向けると「撮ってもらうの、苦手やからなぁ」と苦笑い。久しぶりに真の職人さんに出会ったような気がします。でも決して頑固一徹な人ではなく、調理中でなければ、おしゃべりも軽やかで、近隣のグルメの話や旬の魚など、盛り上がります。

 

すし季節料理_ひので内観002

 

「飲食の道にすすむことは中学の段階で決めていたのだけど、実は洋食屋さんになりたかったんです」と、田丸さん。ところが当時は今ほど情報が手に入りやすい環境ではなく…。父親の知人の西宮の寿司屋に修業に行ったところから、今があるのだと言います。その後、全国を修業して巡り…「関東では、築地に買い付けに行ってました。やはりヒカリモノが人気だし、関西より貝類が豊富ですね。他にも地方では、そこ特有の魚がいて、いろいろさわることができて楽しかった」と修業時代を振り返る様子、魚が大好きなのがよくわかります。やはり洋食でなく、寿司屋で正解だったかと。

 

すし季節料理_ひので001

 

 

そうやって身を以て培った魚の知識で、今は神戸と大阪の市場を週末に巡り、旬の魚をあれこれオーダー。今では、「ええのが入ったら連絡をもらう」というくらい、市場とツーカーの仲。例えば、取材にうかがった11月は、ちょうど魚が美味しくなる時期。石狩で捕れる上海蟹の仲間・モクズガニから、ズワイガニのかにすき、かにちり、握りなど、人気のかに料理もしっかりいただけます。なかでも大将のおすすめは、てっちり。長崎で育った三年フグを取り寄せていて、てっちりを注文すると湯引き、てっさ、唐揚げではじまり、鍋の後は、ぞうすいでシメて1人前7000円。これは、持ち帰りもできる4、5人前、1万円のセット(自家製ポン酢、薬味付)があるのだそう。てっちりは10月から3月末まで。2月の節分には、巻き寿司も予約販売をする予定です。

 

すし季節料理_ひので002

 

大将自身はさほど強くないそうですが、食事と共にお酒を楽しんでもらいたい、と、日本酒、焼酎は定番から珍しいものまでずらり、なかなかの品揃え。また、一品料理で並ぶ品は、全国各地の旬の野菜の素材の味を大事にした料理があれこれ。お酒の肴になるものばかり。そう、忘れてならない寿司は手巻き1本150円。握りは1貫からオーダー可能で玉子200円から。壁に価格の入ったお品書きがあるので、明朗会計でいただけます。まずはお手頃なランチで大将の目利き、腕前、雰囲気を実感してくださいね。ランチは握り800円〜、ちらし700円〜(それぞれ、おすいもの付)。

 

すし季節料理_ひので003

 

※価格はすべて税込。ちり&すきといった鍋料理は予約が必要。てっちりの持ち帰りも要予約。

 

 

ライター:中島美加

 

 


店の名前:すし季節料理 ひので
住  所:西宮市甲子園五番町15-14
電話番号:☎0798-42-7918
営業時間:11:30〜13:30(CLOSE)  17:30〜22:00(LO)
定休曜日:水曜休
甲子園けやき散歩道の最新「イベント情報」
欲張りマギーのマギログ ー最新記事ー
甲子園けやき散歩道 西宮商工会議所西宮市みやたん